kanne

Message


人に、よりそう。

20年間薬剤師として働く中で、薬剤師の働く環境はどんどん過酷になっていると感じています。60%以上が女性であることを考えると、もっと働き方改革が必要。そのために立ち上がりました。

私の実家の長男の名前、勘右衛門さん。祖先から名前を代々受け継いでいくように、薬局も未来へとつないでいく、そんな意味を込めて名付けたのがカンエ薬局の名前の由来です。
薬局もチェーン薬局が増えましたが、「かかりつけ薬局」「健康サポート薬局」へと変化していっています。これは昔あった薬局の当たり前の姿に戻って行っている、原点回帰。おせっかいなおばちゃんのいる昔からの薬局を大切にしたい、そんな気持ちが込められています。

Service


Service 01

かかりつけ薬局
健康サポート薬局の支援

今薬局で必要なこと。
ただ新しいことなので、なかなか進まないでいることも多いと思います。実際に経験ある薬剤師が支援いたします。具体的には、その方の必要度に応じて対応いたしますので全く分からなくても大丈夫。安心してご相談ください。
Service 01
Service 02
Service 02

薬局イベントの開催
スタッフ向けの研修開催

健康サポート薬局には必要な薬局におけるイベント、また現場の薬剤師さんのための研修。特にイベントには準備など色々必要ですが、忙しい仕事の合間にするのは大変です。企画からチラシの作成、開催後にはアンケートの集計まで行います。現場の負担をなくして、魅力ある薬局を作りましょう。魅力ある職場になると、採用の際のアピールポイントにもなります。離職率も下げられます。患者さんにも薬局を差別化することが出来ます。
Service 03

働く人のための
メンタルヘルスケア支援

薬局は「間違えなくて当たり前」の職場です。「人の命を預かっている」ためにストレスが毎日かかります。そんな中で看護師さん向けのメンタルヘルスケアは注目されているのに、薬剤師には全く目を向けられていません。メンタルヘルスケアを導入することにより、
○離職や休職に繋がる前に気づくことが出来る
○薬局の人間関係を円滑に出来る

しかしせっかく導入しても、本人も必要性に気づかなかったり、拒否したりすることも多いのです。ですから何か起こる前に、臨床心理士を職場の環境に当たり前にいる存在にしておくこと。これが大切です。
 
Service 03

Company Profile


商 号
カンエ − kanne relations −
設 立
松本朋子
所在地
〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1丁目17-5
STUDIO新大阪806
Tel 06-6195-1456
Fax 06-6195-1457
kanne.relations@gmail.com